« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月24日 (土)

台風のあと

日本列島を台風が縦断しました。多くの被害がでましたが、皆様、ご無事でしょうか?

私は、出かける予定だったので、濡れたときの靴の替えまで持って、レインコートを着て、イザ!と出かけました。ズボンや足が冷えると、あとで体調を崩すのが常なので、、、、、、。

駅まで着くと、人がたまっています。あれ? そうです、電車が止まっているのです。つい1~2本前で止まったようです。

しばらく駅の待合室で待っていましたが、これは無理だと判断して、帰宅。

たくさんの人が駅で、待っていました。バスに乗れた私は、とてもラッキー! 今回も、帰宅難民にはなりませんでした。

そして、今朝、生田緑地を歩いてみたら、あらら、、、、。木201109240614000の枝が散乱、並木の桜が3本も、裂けるように割れていました。自然のすごさを知りました。

201109240705000木の枝というのは、自分で剪定しているのですね。山に薪を取りに行ったおじいさんが拾いたくなるような枝が、たくさん落ちていました。

| | コメント (3)

2011年9月18日 (日)

秋田の旅2

秋田県立美術館・平野政吉美術館は、今回、秋田市に行くと決まった時から、絶対に行こうと思っていたところ。

以前、美術館の本をつくっていたとき、写真を借りたりするのに、秋田県立美術館に依頼しても取り合ってもらえず、平野政吉美術館に問い合わせしなおさなくてはならなかったりして、「????同じ所じゃないの?」と思ったものでした。

しかし、行ってみてわかりました。「平野政吉美術館」は、平野政吉さんのもの。何年も、「美術館を作る!」と念じ続けた平野政吉氏の思いが、今も、とても強く感じられる美術館でした。

それにしても、コレクションがすごい。藤田嗣治の作品が中心です。なかでも、フジタが平野家の米蔵で描いた大壁画が素晴らしい。秋田の風物、名物、行事が、すべて描かれています(秋田の人には、誇りでしょうね)。フジタが、地方の一個人のためにあんな力を入れたのは、二人の間に強い信頼感があったからでしょう。平野政吉氏がフジタから譲られたゴヤの「闘牛技」もすべてが展示されていました。

日本の初期の洋画家の作品もたくさんあります。あの時代に、東京から遠く離れた秋田の地で、何が素晴らしいものかを判断した審美眼は素晴らしい!

そして、「願い続けること」って大事です。

| | コメント (0)

2011年9月16日 (金)

秋田の旅1

最近、旅といえば仕事がらみばかりですが、その中でもギリギリまで楽しもう!というのが、私の姿勢。

秋田の1日目

宿泊先である秋田市に着く前に、角館で途中下車しました。

9日は、角館の祭りの最終日。人形を飾った山車が、町内にたくさんでています。町の人たちが、すべて出ているような感じ。子どもたちも、きれいに着飾っています。201109091429000

写真は、山車ではなく、駅前に飾られていた巨大なもの。それぞれの家で個人的に作っているものもありました。加藤清正の虎退治は、個人作のようです。すごいなぁ。


201109091423000

201109091252000_1_3その後、川沿いの桜並木の下を歩き、武家屋敷通りを散策。歩いて回れる距離の町でした。

地元の祭りを見るというのは、これまであまりなかったのですが(混雑が嫌いなので、、、、)、その町の人のハレの場を見られるチャンスだと思いました。そして、その後、町の人たちは、普通の生活(ケの場)に戻り、来年の祭りを楽しみに過ごすのだそうです。

| | コメント (0)

2011年9月13日 (火)

秋田市でボランティア研修会

「地域で活動する日本語ボランティアのための研修会 in 秋田」

9月10日(土曜日) 

主催:秋田県国際交流協会

共催:アルク、スリーエーネットワーク、凡人社

秋田県内から60人以上の方が集まってくださいました。

日本語ボランティアの在り方、会話力アップの秘訣、文法の考え方、などが話され、そして、私は、「マンガを使って楽しく、言葉と文化を教える」というお話をさせていただきました。多辺田家のメンバーを、秋田に進出させたわけです。

ここで、「すみません」ということばには、いろいろな意味があって……とお話しすると、参加者から「秋田では、『どーも、どーも』だスな」というお言葉が。

お話をうかがうと、秋田の「どーも」は「すみません」より、さらに便利なようです。老若男女、目上、目下にも使えて、感謝、謝罪、ちょっとした挨拶、などに使える。

そういえば、秋田の「かあさん」(これ、おばさん、のこと)たちは、よく使ってます。すごくやわらかい言い方で。男性(「とおさん」たち)の言い方も、これ、なんとも温かい響きです。

でも、謝っているときのニュアンスと、感謝しているときのニュアンスは、おのずと違います。

この違いを、秋田の日本語学習者に教えてあげるべきですよね! そうすれば、学習者は、近所の人とも仲良くなれると思います。 

全国で、こういう便利な言葉、探そう! 

| | コメント (0)

2011年9月 7日 (水)

多摩川梨

多摩川沿いのこのあたりには、まだナシ園があります。だから、この季節になると、駅前や道端で、ナシを売っている売店があります。

私は、だから、ナシはスーパーで買う習慣がないのです。

201109071206001


201109071213002

今日は、ナシ園のおじさんに「3つだけほしい」(袋詰めは、5~6個大きいのが入っているので)、と言ったら、木からもいできてくれました。

ナシ園な、たわわ~~というほど実がついていました。小さい頃は、ナシもぎなんかに来たものです。ナシの木には、セミがいっぱいくるので、私は、セミ取りに夢中になっていましたが……。

| | コメント (3)

2011年9月 5日 (月)

パーマン2号

裏側は、こんなです。

201109051536000藤子不二雄(FとA)がコンビを解消してから、もう20年以上たっているんですね。(解消は1987年)

私の好きな「おばけのQ太郎」のキャラクターがあまり出てこないなぁ、と思っていたら、これは、二人の「共作」ということになっているんですね。

だから、版権の関係で、あまり出ないのかなぁ、、、、。アニメの再放送もないし、、、、、。大人の事情が感じられます。

| | コメント (0)

2011年9月 1日 (木)

ミュージアムへの道に

201108311220001こんな像が立ちました。他に、オバQもあります。

懐かしいなぁ~~。でも、そう思うのは、私たち大人?

はたして、このミュージアム、子どもたちには、どう映るのでしょうか。

| | コメント (2)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »