宇田川のり子の部屋

2009年4月29日 (水)

韓国の日本語教科書検定、合格!

韓国の時事日本語社=『中上級のにほんご』のコンテンツを買って
『J-Life study』というフリーペーパーを作っている出版社ですが

そこから「イラストやマンガが主役の中学校用日本語教科書」の
お仕事をいただき、昨年夏から冬にかけて、海を隔てた韓国と
メールだけのやりとりで(テクノロジーの進歩に感謝!)
おびただしい数のイラストを描きあげました。

国定教科書なので韓国の文部省みたいなところでの検定が必要。
昨年の12月に提出して、結果が遅くとも2月には出る予定が
何か都合があったらしく延びに延びて、
やっと昨日「検定に合格!」の知らせが来ました。

やったぁ〜〜(^o^)
半年近い苦労が報われました!
だって最初のキャラ作りから、日韓の美意識の違いで
何度も描きなおしがあったんだもの・・・・・

でも終わり良ければすべて良し!です♪

著者の先生がたに加えて私も著者として扱ってもらったので、
教科書を文部省に提出する際には私の身分証明が必要で、
パスポートのコピーを提出しました。
国単位のお仕事だから、キチッとしなくてはいけないのね。

もう韓国で悪いことはできない?(笑)

| | コメント (4)

2008年11月17日 (月)

名波選手の引退

元サッカー日本代表で、Jリーグジュビロ磐田の黄金期を支えた
名レフティ・名波浩選手が今期限りで引退します。

オフサイドが何なのかも知らなかった私をサッカーファンに
そしてジュビロ・サポへと引きずり込んだ張本人です(笑)。

35歳・・・今月末で36歳になります。まだまだ体力的、技術的にも
イケル!とは思うのですが、いかんせん膝の怪我がいうことをきいて
くれないようです。

寂しいけれど時の流れは止められませんものね。
近い将来、指導者として活躍する姿を楽しみに、
「美しいサッカー」とは何ぞや!を教えてくれた、あの七色のパスを
脳裏に焼きつけて(わっ、超オタクな文になってしまった、すんません)
名波二世を物色することにしましょうか(笑)

この似顔絵は何年か前、「ジュビロ磐田似顔絵コンテスト」に
投稿して、落選したものです(汗)。
もう1枚出した「藤田俊哉選手」のほうが入選してしまい
賞状と賞品の「チームのロゴ入り手袋」をもらいました(渋い!)

Nanami_2

| | コメント (5)

2008年9月 2日 (火)

KOMOMO

とても素敵な京都・宮川町の芸妓さんの写真集です。
彼女の名前は「小桃」さん。
友人の娘さんです。

Komomo

幼年期をメキシコで、中学時代を中国で過ごした帰国子女さんで、
17歳の時に舞子の道を選んだのも、日本文化への憧れが
とても強かったからなんですって!

たまたま知り合ったフォトグラファーが彼女に惚れ込み
舞子時代から芸妓になるまでの7年間を撮り続けた作品の
集大成が、この『KOMOMO』です。

小桃さんのインタビューをもとに書かれた文章も
写真とシンクロして読みやすく、花街の暮らしや着物・かんざしの
ことなどが、とてもよくわかって楽しい!

英語版も出ていて、そちらは『A Geisha's Journey』と 
外国のかたにもわかりやすい(笑)タイトルになってます。 

面白いなぁと思ったのは、英語版の表紙は背景がオレンジで
小桃さんの着物も赤系でゴージャス! 日本語版はシックな黒。
「アメリカ人には赤が受けるんですって」とは友人の弁。
お国によって美意識、違うんですね。

う〜ん、私はやっぱり「黒」が好き。
京都へ行きたくなった時、ながめています♪

| | コメント (7)

2008年8月25日 (月)

デトロイト・メタル・シティ

「僕がやりたいのは、こんなバンドじゃな〜〜い!」の
キャッチフレーズで話題の映画
『デトロイト・メタル・シティ』を見てきました。

お洒落なポップス歌手を夢見ながら、デスメタルバンドを
無理矢理やらされている根岸君。
同名のコミックを映画化したものですが、漫画のほうはシモネタが
過激すぎて、「本当のデスメタルバンドはこんなことしないっ!」と
ヘヴィメタ・ファンとしては、ちょっと怒っていたんです。

でも映画は上品に(?)脚色されていて、原作の本筋はちゃんと
追いつつ、若者の夢と葛藤、恋、母の愛などを折り込んで
笑えてホロリ・・の青春ドラマ風(笑)に仕上がっていました。
マンガから入ったコアなファンにはもの足りないかもしれないけど。

主演は松山ケンイチ君。
バンドのカリスマ「クラウザーさん」に扮した姿です。
メイクってすごいですね。こんなに顔、変わっちゃう。。。。

Photo_3

音楽もカッコ良かったです。
ガンガン突き上げるようなメタルサウンド!
漫画に出てくる歌詞にどんな音がつくのか
楽しみと心配が半分ずつだったんですけど、満足です(^0^)

そんなに込んでないとあなどっていたら、チケット売場には行列が!
結局その回は座席がなく、次の回まで待ちました。
こんなに人気があるなんて、びっくり。
この映画がきっかけで、ヘヴィメタに再び光があたるといいな。

| | コメント (2)

2008年8月 8日 (金)

夏の夜空のアート

神宮外苑花火大会へ行ってきました。

花火見るのにお金を払うってのもヘンな話ですが、
場所取りにエネルギー使うよりは、お金使ったほうがいいか!
と、軟弱にも前売り指定席4500円×2枚=9000円の出費・・・

倖田来未、その他アーティストのライブつき!なんですが、本来なら
タダの花火の有料化に納得してもらうためのショーって感じですね。

で、いざメイン会場の神宮球場へ!

・・・ところが、外苑前駅では、なかなか改札から出れないし、やっとの
思いで地上に上がったら上がったで、人、人、人で、道路が見えない。
おまけに人の熱気で暑さ3倍!
覚悟はしていたものの、まさかここまですごいとは!

そこまでして 見たいか花火!?の気分になりかけましたが、苦行の末(笑)
自分の席にたどりついて、豪快な花火を見て、あ〜やっぱり来てよかった!
打ち上げ場所からかなり近かったので、迫力は言う事なし。
真夏の夜空を彩るアートでした。

Img_0917_2
Img_0941_2

| | コメント (3)

2008年8月 2日 (土)

全曲ビートルズのミュージカル

映画の試写会に行ってきました。

じつはミュージカル映画って守備範囲ではないのですが
「ビートルズの曲だけを使ったミュージカル♪」と聞いて、
食指が動きました。

当時はビートルズよりローリングストーンズに夢中でしたが
なぜか曲はほとんど知っているし、これは絶対楽しめるだろうと・・・

・・・で大正解でした!
タイトルは『Across the Universe』 ビートルズの名曲と同名ですね。
監督は『ライオンキング』の舞台演出で有名なジュリー・テイモア。

Across_the_univrse

ベトナム戦争に揺れる60年代のアメリカに、まだ見ぬ父を探しに
やって来たイギリス人青年を軸にストーリーは展開して行きます。

いや〜〜、ビートルズの曲が、あんなに混沌とした60年代に
マッチしていたとは思いませんでした。今さらこんな事言うのは
おこがましいのですが、ジョンやポールはちゃぁんと
世相をつかんでソングライティングしてたんだなぁ・・・・

映像もレトロな雰囲気を残しつつ、斬新で素晴らしく
ビートルズ好きは、必見です。
ファンならではの、ニヤッとさせられるネタも、あちこちに!

8月9日、東京では単館系劇場でロードショーです。

| | コメント (3)

2008年7月26日 (土)

聖☆おにいさん

『聖☆おにいさん』・・セイント・おにいさん と読みます。
久しぶりにツボにはまったマンガのご紹介。
右側は7月23日に発売されたばかりの単行本第2巻です。

Img_0910_5

神の子・イエスと、お釈迦様ことブッダが、東京都立川市のアパートを
ルームシェアして (このシチュエーションからして笑えます)
ごく普通の「おにいさん」として、下界でのバカンスを満喫中
というストーリー。

ゲームやPCに目がなく、人気ブロガーとして活躍する、
今どきのにいちゃんふうのイエス。
お金の出費にやたら細かい、主婦モードのブッダ・・・・・と
なんとなぁ〜く納得のいくキャラ設定です。

人間社会に溶け込みながらも、なんたって聖人なので、ありえない「奇跡」は
たびたび起こるし、神・仏としてのアイデンティティは守らなくちゃ
ならないし、それなりに大変なふたりです。

あちこちに出てくる、フキ出し以外の小ネタもふるっていて、
それを拾い読みするだけでも楽しい!
新約聖書やお釈迦様の物語に登場する人物やエピソードもたっぷりで
アパートを借りる時の保証人を「一番日本人っぽい名前のマルコさん」に
頼んだり(あ、丸子さんか!) 

キリストや釈迦の逸話に詳しい人は3倍笑えるはずです。
(詳しくない人は、お勉強ができます)

私もこのマンガで、コーヒーミルクの「スジャータ」が、苦行と空腹で
フラフラのブッダに「乳がゆ」をあげた女性の名前だってことを知りました。
ちょっとトクした気分(^0^) マンガを読む人は救われる(?)

そうそう、このスジャータさん、25世紀以上もお中元にレトルトの乳がゆを
ブッダに贈り続けています(笑)  律儀な人なんですね。
あ、もちろんこれはマンガの中での話です(笑)

| | コメント (3)

2008年7月24日 (木)

ミステリー・ショッピング・リサーチ

巷でウワサのバイト(?)、ミステリー・ショッピング・リサーチを
体験してきました〜。
友達がリサーチ会社にネット登録していて、かなりの倍率を突破して
当選したとのこと。ふたりでその店へ行くのが条件で
私に声をかけてくれたんです、ラッキー!!

リサーチのミッションがあったのは、都内の某高層ビル内にある
おっしゃれーな和風酒処。
そこへ普通の客を装って予約を入れ、お酒と料理を注文して
食事をしながら、接客スタッフの態度や雰囲気、料理や飲み物の内容を
チェックするんです。何食わぬ顔で、おしゃべりも楽しみながらの
お店観察。リサーチだということバレないように!って、ちょっとミシュランの
調査員の気分(笑)

お店での滞在時間は最短90分が義務づけられていて、
予算は派遣された店によって違いますが、そこはふたり分で7000円。
おなかいっぱいで。ほろ良いのいい気分になりました。

お勘定はとりあえず立て替えておいて、後日レポートを提出すると
代金が支払われるというシステムなんだそうです。

バイトといっても、結局はプラマイ・ゼロだから、美味しいものと
楽しい時間を現物支給してもらうって感じですね。

友達によると、好ましい接客、あるいはその逆があった時は、その
スタッフの名札をチラ見しておいて、実名でレポートに書いてもいいのだ
そうです。わ〜〜、店員さんにとっては死活問題ですねえ・・・

そうそう、少し前に同じ友達が、某ファーストフードチェーンの調査に
当選したそうなんですが、その時は4人までOKで、予算は2000円!

調査の対象にも天国と地獄があるようで・・・・・・

| | コメント (3)

2008年6月30日 (月)

グルジア料理初体験

雨の吉祥寺。「駅からあまり歩かずに夕ご飯食べに行きたいね」
というのが動機で、前からちょっと気になっていたロシア&グルジア料理の
レストラン「カフェ・ロシア」(お〜なんとわかりやすい名前)に
行ってきました。

駅ビル・ロンロンから出て30秒のビルの地下にあります。
本当に雨に濡れるヒマもありませんでした(^0^)

ロシア料理はボルシチ、ピロシキ、つぼ焼き、ビーフストロガノフ・・と
いろいろ有名だけど、グルジア料理って・・・?

第一、グルジアって国のことすらよく知らないし、知ってるのは
お相撲さんの「黒海」がそこ出身だってことぐらいです。

お店のインテリアカラーは艶やかなピンク! 女性にはココロ惹かれる色だけど
夫は最初ちょっと気恥ずかしそうでした。
よからぬ店を連想したんじゃないのぉ?(笑)

さて、何を食べようか・・・と、メニューから「グルジア」と書いてあるもの中心に
オーダー。ニシンやサーモン、鶏、それに野菜をたっぷり使った
さっぱりとしたヘルシー系の料理が多かったです。美味しかった〜〜。

グルジア料理とロシア料理はどうちがうのか聞いてみたところ
基本はほぼ同じなんだけど、グルジアのほうが独特の香辛料をたっぷり
使うんだそうです。
「ラーメンでも札幌と博多では違いますよね?」と、
とてもわかりやすい例で説明してくれました。

写真取り忘れたので、以下の紹介サイトをチェックしてみてくださいね。

http://e-food.jp/blog/archives/2007/05/_cafe_russia.html

カウンターの中で料理を作っているシェフさんが「黒海」ぽいルックス
だったので、夫が「グルジアのかたですか?」と聞いたら
「いえ、日本人です。グルジアで8年料理の修行をしました」と
流暢な日本語が返ってきました。。。。。

| | コメント (3)

2008年6月 1日 (日)

スマップの似顔絵

日本語教育研究所さん主催の「日本語教師のための似顔絵講座」で
講師を務めさせていただきました。
「日本語の先生と似顔絵」って、とっても不思議な組み合わせに
感じると思いますが、学習者さんや同僚の先生の顔を描いて
コミュニケーションツールにしてみるなどなど、似顔絵が描ければ
楽しいアイデアがいろいろとでてくるはずです(^o^)

今回は前半2時間が「似顔絵の描きかたの基本」、後半2時間が
「顔の誇張のしかた」と、テーマを分けての講義と実習です。

「描きかたの基本」で私がよく使うのが、今や国民的お茶の間アイドル
「スマップ」。実はこの5人、輪郭から顔のパーツの形や大きさ、
そしてパーツのレイアウトに至るまで、実に見事に違いを見せてくれて
教材にうってつけ。それにどうせモデルに使うのなら、若いイケメン君
たちのほうが楽しいじゃあーりませんか(あ、でもスマップはもう
オジサン?)

さて、サンプルの講師作品として使ったのがこれです。

Smap_5

こうやって似顔絵で見ると、5人の顔の違いがよ〜くわかるでしょう?

似顔絵は理論的なアートなので、絵が上手く描けることより
人の顔の造作を観察できることが大切なんです。

参加者の皆さんは「時間があっと言う間に経ってしまった」と
とても楽しんでくださったようで、ひと安心。
来週の残り2時間もいい講座にしなくては!!

| | コメント (4)